各種審査・認定制度のご案内

省エネルギー資材・設備等格付

 施設園芸生産では、加温設備を有する施設の増加等による温室効果ガス排出量の増加と省エネルギーの推進が課題となっています。農産物の生産性を落とさずに、また経営に大きな負担を強いずにこの課題を解決するためには、燃油使用量に大きく影響する熱効率の高い暖房機の導入が不可欠です。また、石油焚き暖房機に加えて、電力によるヒートポンプとのハイブリッド稼働を推進する必要があり、やはり効率の高いヒートポンプを導入する必要があります。

 当協会では、「省エネルギー資材・設備等格付要領」に基づき、暖房機・ヒートポンプについて、統一的な測定方法手法により特性値を測定し、製品の格付けを行います。

 これらの取組みにより、燃油使用量が削減でき省エネルギー効果の高い、暖房機、ヒートポンプの普及と開発を促し、温室効果ガス排出量の削減を加速化させるとともに、施設園芸農家における省エネルギー機材の選択を容易にすることを目的としています。

  →本年度の募集案内、過去の格付実績はこちらをご覧ください

 

推奨品認定制度

 協会会員の生産・販売する資材について、推奨品の認定依頼を受け、協会が厳正な審査を経てそれを「協会推奨品」として認定します。

委託試験制度

 協会会員等からの要請を受け、園芸資材に関する試験について協会が試験設計に協力し、公的機関に試験を依頼します。

コンサルティングの受託

 施設園芸全般、あるいは施設の設計、内部装置、栽培技術などについての診断、分析等のコンサルティングを外部専門家を活用して実施します。

各種制度の詳しい内容及びお申し込みについては、下記の協会事務局へお問い合わせください。

  TEL 03-3667-1631  FAX 03-3667-1632
  〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-17 山一ビル4F

       →メールでのお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る